3月が苦手

もう

毎日泣いてるよ


(´;ω;`)


今似合わないって言ったの誰だ!


自分でも思ってるから

言わないの/////


冗談はさておき


本当に別れの季節


別れがあるから出会いがある

人はそういいますが

別れはいつもつらたん


なにから話そ


そうだなぁ

私が彼女と出会ったのは

Cronusに入るちょっと前

心友さなのクリスマスパーティだったよね

そこに彼女は
さなのお手伝いとしていたんだよね

さなに「ちょっと人足らないから手伝いお願いしていいかな?」って言われて

そこで出会ったんだよな

最初は挨拶くらいで
今思えばちょっと恥ずかしいね

それからVUがあって
ティファとストする時に
彼女もいた

そこで凄く意気投合した覚えがあるよ






「あゅ、今日からうちの相方な!」

あまりにも突然

そして
凄く嬉しかったんだよ

彼女の名前はジル







ジル「うちらいつもボッチだからボッチーズなw」

ネーミングセンスに不安を覚えつつ

それから毎日が楽しかった


「あゅ、討伐行こ」

「あゅ、試練付き合って」

「あゅ、カード切れそうやねん」

今でもあの誘いが聞こえてくるよ


でも

楽しかった時間は長くは続かなかった





あゅ「もっとジルがしたい事言ってよ」





ジル「うちしたい事ないねん」


些細なすれ違い

そこから

お互いがお互いを思うあまり

距離感がつかめなくなっていったね






ジル「うちはあゅのためを思っていってんねん」





あゅ「ジルに心配かけたくない」

あゅ「ジル、ボッチーズ解散しよか」






ジル「仕方ないね。あゅがしたいようにして」


ジル
私はね
もっとジルの言葉が聞きたかったんだよ

いつも私に合わせてくれるジル

嬉しかったけど

私もジルと同じように

ジルのために何かしたかったんだよ


解散後

いろいろあったね

それでもいつも心配ばかりかけてたね


本当にごめんよ


影で私を守ってくれてたって知った時


相方がジルで良かったって

改めて

思ったよ


面倒見が良くて

姉御肌で

面白くて

優しくて

でも
不器用


たまには笑顔見せろよw

私のくだらない話をちゃん聞いてくれて

辛い時はずっとそばに寄り添ってくれて


言葉足らずだけど

本当にあたたかった

人の優しさをちゃんと感じれたよ






「リア忙しくなるからドラクエ休止するね」


聞いた時は

本当にショックだったよ


いつも心配かけてたし
なんも返せてない


私さ

ジルにいっぱい甘えてたけど


大丈夫だよ?


ひょっこり顔出した時


胸張って

ジルとちゃんと向き合えるよ


だから

何も心配しないで

ジルの今やるべき事をしてきてね


私はティアでジルの帰りを待ってるからね


あと

ボッチーズ解散したけど

私は一生ジルの相方だからな


忘れんなよな


寂しくなるね


本当に寂しくなる



ジル

「大丈夫。間違ってないよ。

行っておいでっ!



ジルと出会えて

ジルと相方になれて


私は幸せ
いっぱいありがとうね
いっぱいごめんよ

待ってる


またね!相方



懐かしい写真出てきた/////